Jリースバック

img_j_lease_back

Jリースバックとは

リースバック Jリースバックとは、 法人様所有の社有車(中古車)を、 帳簿価額で現金買取させていただき、 その車両で法人リース契約を していただくシステムです。その合理化効果の高さから オートリースを ご利用頂いているお客様の多くは、 この方法で導入されています。法人自動車リースの導入は新車からという 固定概念を覆す 画期的なシステムです。貴社の社有車をリース化することで 様々なメリットが生まれます。様々なメリットについては 下記項目をご覧ください。※ご契約の前に事前審査が必要となります。  
 

Jリースバックのメリット

Jリースバックのメリットをご紹介します。

1. 固定化していた車両資産を流動化できます。

いまお乗りの社有車を一括してリース車に切り替えると(Jリースバック)、車両を確保したまま、 それらの売却代金をその他の重要な事業資金として有効活用できます。

2. 車両管理の手間を大幅に軽減

リース化することにより、車両の維持管理をJプラン取り扱い店舗におまかせいただくことができ、 常にメンテナンスの行き届いた車両をご使用いただけます。

3. 車両コスト管理が容易

車両維持費用の税金・自賠責保険・車検点検(メンテナンス費用)など、車両に関わるコストが リース料に集約されることによりコストが平準化されコスト管理が明確かつ容易になります。 リースコスト ※上記図は普通乗用車のイメージ図です

4. 事務処理手続きの軽減

下記手続きや作業を省略できる為、業務を削減でき、人材の有効活用が図れます。 事務作業の軽減

 

5.社有車の資産計上からリース料の損金(経費)処理へ

自社所有の場合、お客様にて車両を固定資産計上し法定耐用年数に従い減価償却を行います。 リースの場合、リース料は税法上で必要経費として許可されていますので、全額損金処理が出来ます。 結果、固定資産として貴社の賃借対照表(B/S)に資産計上する必要がなくなります。

Jリースバックによる決算書の変化

Jリースバックにて社有車をリース化した場合の決算書の変化の例です。
※下図をクリックすると拡大されます。 リース化決算書
Jリースバックのメリットの第1項にある通り、固定資産を減らし かつ流動資産の預金現金を増やすことができました。

この増えた流動資産を他の重要な事業資金として是非有効活用してください。

 

6.売却損が発生しない

Jリースバックの車両買取代金は、お客様の帳簿価額を原則としまので、売却損が発生せず、 会計上の損益に影響を及ぼすことがありません。

7. 車両ごとにリース期間を設定可能

車両のリース期間は、お客さまの計画に合わせ、それぞれの車両について設定できます。

8.リース手続き中でもそのまま車を使用できる

Jリースバック手続き期間中も、車はそのままお乗り頂けますので、貴社のお仕事に支障をきたすことはありません。

9. 会社の事業計画が容易になる

前項の内容から、リースにすることで会社の予算や業務の管理が飛躍的に容易になる為、 確実な事業計画を立てることが可能になります。

 

その他 リース(法人自動車リース “JQL”)に関する詳細説明

その他のリース詳細説明については □JQL(法人自動車リース) □をご覧ください。

JQL は法人のお客様に多くのメリットをご提供できる格安自動車リースプランです。
お気軽にお見積もり・お問い合わせ・ご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせはこちら